クレジットカードの審査に通らない

クレジットカードは非常に便利なサービスですが、利用できるようになるためにはクレジットカードを発行する会社の審査を通過しなければなりません。

このクレジットカードの審査では申込者の経済力や性格、現在所持している資産などが調査されます。


審査するという事は申込者全員が受かるわけもなく審査を通過できずクレジットカードの利用ができないという結果になる事も持ち炉なります。



基本的に審査基準は秘匿されているので、審査に通らなかった理由をはっきりと知る事はできませんが、ある程度であれば公表されている情報から推測する事が可能です。
クレジットカードの審査は申請者が提出した書類と個人信用情報機関に登録されている申込者の情報を書くにして行われています。この個人信用情報機関の記録に要注意人物として登録されている、いわゆるブラックリストに名前が記載されている場合、カード会社の審査に通る事はほぼありません。

ブラックリストに載ってしまう条件はいくつかあります。

これまでに別のクレジット会社のカードを利用して支払いを遅延したことがある場合、金融事故扱いで5年間ブラック扱いされてしまうようになります。



この場合の遅延とは何年とかではなく2ヶ月から3か月程度でもブラック入りの条件になるので注意しましょう。



ただし1ヶ月までの遅滞なら問題ないわけではなく、1ヶ月の遅滞も回数が多くなるとブラック入りになります。これ以外でも携帯電話の利用料、奨学金の遅延や滞納や自己破産などもブラックの条件になります。