img-1

シミ治療をする手段について

シミを治療するには、自分で行う方法と美容皮膚科や美容外科で行う方法とがあります。



自分で行う場合は、サプリや美白化粧水を利用します。シミに効果があるサプリには、ビタミンCとLシステインが配合されているのことが多いのですが、その配合バランスはメーカーによって異なります。



そのため、自分の肌に合う商品を探すところから始めるため時間がかかるというデメリットはありますが、自宅で出来る手軽さと新たに出来るシミ防止にも効果があるというメリットがあります。

それに対し美容皮膚科や美容外科は、大きく色も濃いシミ・そばかす・ニキビ跡など幅広く対応できる治療を受けられるというメリットがあり、その内容は内服薬や塗り薬、レーザー治療、ケミカルピーリングなど多くの方法があります。



例えばレーザー治療ではメラニン色素に反応するレーザーを用いるため、多少の痛みを伴います。


ケミカルピーリングでは酸を利用し、古い角質や表皮を溶かして肌のターンオーバーを人工的に促すことを複数回行います。



カウンセリングを行い、個人個人の肌の状態やシミの種類によって治療方法を選択することができます。



デメリットとしては、金額的には決して安くはなく、受付時間や施術が行われる時間などの時間の制限があることが挙げられます。



どれが一番効果があるのかは人によって異なるので断言することは出来ません。



そのため、他の人で効果があったから、だけで選ぶよりも自分の判断を最も大切にすることが良いと思われます。



関連リンク

img-2

シミは原因に合った治療が大切

シミ治療のために有効な方法として美白化粧品や内服薬、外用薬などの塗り薬やレーザー治療があります。シミには多くの方が紫外線の影響によって症状が現れています。...

more
img-3

シミ治療をする手段について

シミを治療するには、自分で行う方法と美容皮膚科や美容外科で行う方法とがあります。自分で行う場合は、サプリや美白化粧水を利用します。...

more