クレジットカードの効果的な使い方について

クレジットカードは現金を持っていなくても便利に使えるものです。そのためついつい使いすぎてしまう場合もありますが、使い方に工夫をすることでより効果的に使えるものです。


例えばクレジットカードのサービスには、特定のお店で使うとポイントがついたり、割引になったりすることもあります。

このような得点をよく知っていることで、より効果的な使い方ができるようになるのです。

クレジットカードの種類には様々なものがあります。
カードの種類によってその特典が大きく異なるので自分に合った会社のカードを選ぶことが大切です。

最もよく利用されているのは信販系のカードです。



信販系は銀行と違い制約が少ないので、さまざまな特典が得られるメリットがあります。



ポイントで交換できる商品も豊富で、非常に使い勝手が良いと言われています。



ただし信販系のカードの欠点はキャッシングの利子が非常に高いことです。

気軽にATMでお金を借りることができるメリットはありますが、その力は消費者金融並みに高いことが多いので注意が必要です。
そのためクレジットカードを作る場合には自分の使い方を考えて作ることが大切です。

ものを買うことが多い人は信販系のカードを、キャッシングの利用が多い人は銀行系のカードを作る方が良いでしょう。
クレジットカードは非常に手軽に使えるものですが現金を使っている感覚は無いのでついつい使いすぎてしまうことも多いものです。

注意して使うことが最も効果的な使い方です。